チョコレート効果 95%がまずい?おいしい?美味しい食べ方を紹介します

チョコレート効果95% 美味しいもの

チョコレート効果 95%ってチョコレート、ご存知ですか?明治製菓が販売してりるカカオ95%で作られているチョコレートです。
このカカオ95%というところがポイントのようで…
「まずい」っていう口コミが多いのですが、実際のところどうなのでしょうか?

また、この「まずさ」はダイエットに効果的?って思いますよね。だって甘くないんだもの^^;
何か、良いことがあるのならこの「まずい」は有効活用できるはず…

ということで、チョコレート効果 95%のいろいろを探索していきましょう~

チョコレート効果 95%がまずいって思っている人は多いよ。

大手ネット通販会社のamazonのレビューにおいては、チョコレート効果 95%はまずいと言った口コミはあまり見られません。しかし、ヤフー知恵袋等には、

<質 問>
チョコレート効果の95%を、美味しいと感じて食べている人はいるのだろうか。
私もチョコレートは好きですが、ここまで来るとお菓子なのだろうかと思ってしまいます。

<ベストアンサー>
お菓子だと思うから不味く感じるのだと思います。
もともと『戦士の飲み物』が起源なんだと改めて思います。
私にとっては疲れた時の『薬』代わりです。(笑)

出典:ヤフー知恵袋

このような、質問や回答が多く掲載されています。

Amazonでのレビューが良いのは恐らく、大容量の商品だからの可能性大!

そもそも、チョコレート効果 95%を食べたことがあり、一度にたくさん欲しいからAmazonで大容量の物を購入した。だから、まずいと言った評価は少なく「苦いけど食べられる」「苦くても慣れてくるとおいしい」と言った評価になるのではないでしょうか。

だから、Amazonの大容量のチョコレート効果 95%のレビューを見て、「美味しいんだ~」と思って、大量に購入すると…

ひょっとすると、悲惨な結果になるかも知れませんね^^;

チョコレート効果 95%はスーパーやコンビニでも気軽に購入することができます。
ですので、とりあえず、一つ、購入して味を確認しておくことをオススメします。

酸っぱい・苦すぎると感じる人も多いの?

チョコレートにおけるカカオの含有量が増えれば増えるほど「酸っぱい」「苦い・苦すぎる」と感じる人が多くなるようです。それがまずいとの表現になるのでしょう。
これは、カカオの割合が多くなるとその分ミルクや砂糖の含有量が少なくなるので、どうしても甘みが負けてしまい、カカオ独特の「酸っぱい」「苦い」と言った味が強く出てしまうからのようです。

ですので、カカオ独特の「酸っぱい」「苦い」と言った味が苦手な人は、カカオの含有量の少ないチョコレートを選べばOK!

いやいや、そういうことではなくて…
そうですよね。まずは、カカオ95%のチョコレート効果 95%から食べるのではなく、もう少し、カカオの含有量の少ないチョコレートからはじめてみましょう。
そして徐々に、含有量の多いものへと移行していく。

この方法が、一番、自然とチョコレート効果 95%を美味しく感じることができるようになりますよ♪

おいしいと感じる人はカカオの味が好きみたい

「まずい・苦い」と言われることが多い、チョコレート効果 95%。どんな人がおいしいと感じるのか興味がありますよね。

「カカオの濃さが美味しい」
すごく大人の味ですが、このカカオの強さがはまります。苦さが強く、苦手な方もいるかもしれませんが、後味はスッキリとして、すごく美味しいです。ブラックコーヒーにもすごく合います。

出典:もぐナビ

こちらの口コミのように、カカオ自体の味が好きな人にはおいしく感じるようです。

「どうせなら」
100%ににして欲しいな日本でもこのカカオ率のチョコが普通に手に入るようになったかと感慨深いです。
そのまま食べると、普通のチョコレートのイメージとはかけ離れているので、薬と思ってビターで渋い味を堪能するもよし。クッキーやパンなど甘いものに挟んで食べるもよし。甘いものと一緒に食すると、ほどよく調和して、カカオ味もしっかりしたお菓子になります。

出典:もぐナビ

この方のようにチョコレート効果 95%を薬と思って割り切って食べるのも良いかもしれません。
また、甘いものに挟んで食べる等、アレンジすると美味しく食べることができるんですよ。

美味しい食べ方No1はカレー!

チョコレート効果 95%の美味しい食べ方を探しました。
どれも簡単で美味しく食べれますので、ちょっと、チョコレート効果 95%の苦さが耐えられなくなった時等、オススメですよ~

レトルトのカレーに入れると、簡単に本格的な味が楽しめるよ

レトルトのカレーを器にあけます。そこにチョコレート効果 95%を投入~~
あとは、いつものようにレンジアップ!
スプーンでよくかき混ぜましょう。

レトルトカレー特有の甘さが感じなくなり、深いコクのような味に変化します。まるでデミグラスソースみたい。また、カカオ独特の酸っぱい味や苦みがスパイスのような働きをしてまずいから一転、手の込んだカレーのような味に変身します。

これにはびっくり!
一度は食べていただきたい一品です。

ココアに入れるとコクがあって大人の味に変身!

チョコレート効果 95%をココアに入れると、コクのある美味しいココアができます。

でも、ここで使うココアはミルクココア。ミルクココアって濃くすると甘ったるいし、甘さを少なくするとお湯を飲んでいるみたい…そんなことありませんか?

そんなミルクココアにチョコレート効果 95%を入れると、ミルクココアの甘みをチョコレート効果 95%がしっかりカバーし、カカオの香りや味の深みを増してくれます。ミルクココアの濃さは、「ちょっと甘いめ」にすると、甘さがやわらぎコクを感じることができますよ。

おっと、ここで注意!
純ココア+チョコレート効果 95%で作ってしまうと、苦いだけのまずい飲み物になってしまうので気を付けてね。

チョコレート効果 95%でダイエットするなら1日何枚食べたら良いの?

そもそも、チョコレート効果 95%でダイエットできるんでしょうか?もし、ダイエットできるとしたら1日何枚食べたら良いのでしょうか?

苦みのあるチョコレートって食べるだけで痩せそうなイメージがあるのは私だけ?って思ってしまいます。そこで、チョコレート効果 95%に関するダイエット情報をまとめてみましたので、是非、参考にしてくださいね。

やり方次第ではチョコレート効果 95%でダイエットも可能♪
でも、チョコレート効果 95%自体にはカロリーカットする機能等はありません。
どうやって、ダイエットしていくのか…
詳しく見てみましょう。

1日の目安は3~5枚でOK!食べ過ぎると失敗します

1日の目安はチョコレート効果の公式サイトに掲載されています。

一般的には、1日に200㎉程度の間食が適量(厚生労働省)だと言われていますので、美味しく健康に食べたい目安は1日3枚から5枚がおすすめです。(約84㎉~約141㎉)

出典:株式会社 明治 チョコレート効果

と、言うことはチョコレート効果 95%でダイエットをするのなら、約84㎉~約141㎉はチョコレート効果 95%の分のカロリーと考えなければいけません。ちょっと面倒ですね…

チョコレート効果 95%でダイエットできた方によると、

「難しいカロリー計算をしなかったけど、チョコレート効果 95%を食後に食べるだけで食後のデザートが欲しくなくなった」

チョコレート効果 95%自体にはカロリーをカットしたり排出する機能はありません。あくまで「デザートやおやつを食べたくなくなるかもしれない」ことに期待しましょう。

カカオやポリフェノール独特の酸っぱさや苦みがデザートやおやつを欲するのを阻止してくれる可能性は十分にあります。また、人によっては食前に食べることで、ある程度の食欲を抑制する可能性も!!

単に、「チョコレート効果 95%のまずい苦さが食欲不振を招いている」とも言えなくはないですが、やってみて損はないですよ^^

脂質・砂糖・gi値はどうなの?実は脂質が多いんです

チョコレート効果 95%の栄養成分 1枚(5.0g)あたりは、

  • エネルギー 31kcal
  • たんぱく質 0.7g
  • 脂質 2.6g
  • 炭水化物 1.4g
  • -糖質 0.6g
  • -食物繊維 0.8g
  • 食塩相当量 0g
  • カカオポリフェノール 174mg/1枚

実は、一般的なミルクチョコレートよりも脂質が多いんです。これは、カカオに含まれている脂質が多い⇒カカオが多いと言うことは単純に、脂質も多いと言うことになります。

脂質はミルクチョコレートよりも多いですが、糖質が少ない(砂糖をほとんど使っていない)等のメリットもありますので、あまり気にしなくても良いと思います。ただし、チョコレート効果 95%の味が大好きで、やめられないくらい食べてしまいそうな方にはチョコレート効果 95%でのダイエットは向きませんよ^^;

~~ gi値ってなに? ~~

gi値70以上のものを高gi食品、gi値56〜69が中gi食品、gi値が55以下のものが低gi食品となっています。
gi値が高いほど食後血糖値が上がりやすくなる=太りやすいと言われているので、できるだけ血糖値を急激に上げないようにするために低gi食品を多く選んで食べることを推奨しているダイエットもあります。

チョコレート効果 95%は低gi食品に分類されるハイカカオチョコレート。

明治のチョコレート効果の場合、カカオ72%でgi値29となり、カカオ86%でgi値18となっています。
チョコレート効果 95%のgi値は公表されていないので数値はわかりませんが、上記のカカオの含有量とgi値の関係よりチョコレート効果 86%のgi値18よりも低い値になると思われます。

と、言うことは、おやつにチョコレート効果 95%を食べても血糖値が急上昇する心配はなく、血糖値の急上昇によって太るという事態は避けることができます。

あくまで、理論上の話ではありますが、ダイエットはカロリーだけではなくいろいろな要素が複雑に絡み合っています。そのことから考えると、まずいと言われているチョコレート効果 95%でも十分にダイエットは可能ということですね♪

タイトルとURLをコピーしました