停滞期を早く終わらせる方法は食事と運動からアプローチしてみよう

停滞期を早く終わらせる方法は、

  • 食事
  • 運動

この2点を見直すことで思ったよりも早く終わることができる場合があります。

ただ誰もがこの2点をすぐに実行できるのかと言われれば、個人差や好みの問題でもありますのでご自分に合った方法を探す必要があります。

この記事を読めば食事や運動から停滞期を早く終わらせる方法や、いろいろ試したけど停滞期が終わりにくい時のアイテムがわかります。

食事で停滞期を早く終わらせる方法!

食事で停滞期を早く終わらせるには、

  • GI値
  • 油脂
  • ダイエット食の見直し
  • レコーディング
  • チートデイを作る。

これらを行うことで思ったよりも早く停滞期を終わらせることもできます。

GI値の低い主食にしてみる

主食として食べられているものはGI値が高い白米やパン、うどんが多いですよね。

それをGI値が低くて主食になりそうなものに変えてみます。

GI値が低くい食材

  • 玄米
  • そば
  • オートミール
  • バナナ
  • さつまいも

朝食にパンとコーヒーを食べていたのをバナナとカフェオレに変えてみたり、お昼にうどんを食べていたのをそばに、夕食の白米を玄米に変えてみるだけでカロリーが減らなくてもGI値がさがっているので体重が落ちはじめることもあります。

油を変えてみよう

ダイエット中はなるべく脂質を減らすようにされていると思います。

しかし、減らし過ぎるのも考えもの。

極端に脂質を減らしてしまうと、

  • 肌荒れや髪のパサつきの遠因になる。
  • エネルギー不足になり疲れやすくなる等、体調不良に。
  • イライラやストレスを感じやすくなる。

そんな時には、なるべく体に負担の少ない油脂に切り替えてみましょう。

加熱せずに食べるのなら、

  • えごま油
  • 亜麻仁油

これらを取り入れてみましょう。

加熱するのなら、

  • 日清ヘルシーオフ
  • ヘルシーリセッタ

上記のような健康オイルと言われている商品を使うのも良いですよ。

ダイエット食を変えてみる

カロリーや糖質が気になって、低カロリー・低糖質一辺倒になったダイエット食を見直してみましょう。

仮にダイエットが成功しても元の食事に戻すとリバウンドしてしまいます。

リバウンドを避けるためにもダイエット中に不足しやすいタンパク質を積極的に取り入れたり腸内環境を良くする食事等体の負担が少ない食事を摂るようにしてみましょう。

レコーディングダイエット

食事をメモしてみましょう。それだけで痩せた方もいらっしゃいます。

カロリー計算は慣れてきてからでOK!

書くことで栄養の過不足がわかるようになるので食事内容を見直すきっかけにもなります。

チートデイを作ってみよう

チートデイとはダイエットしている期間だけれども1日だけお腹いっぱい食べる日のことです。

ダイエット中なのでカロリー不足。ゆえに体は飢餓状態!

ダメダメ、こんなにカロリーが少なかったら体に良くないよ~これ以上痩せさせないよ!←今はこの状態。だから痩せないんです=停滞期。

そこに大量のカロリーが入ってきたら…

おぉっ、こんなにカロリーが入ってきたら心配ないじゃん♪安心だぁ~

と、安心させて次の日から食事を元に戻します。すると1週間ぐらいで元に戻り、さらに体重が下がっていきます。

チートデイのポイントは次の日から元の食事に戻すこと。

元に戻さないでズルズル食べ続けるとそのまま太ってしまいます。

プチチートデイにトライ!

チートデイでがっつり食べるのが怖い方はプチチートデイを試してみましょう。

ダイエット期間中に好きなものを我慢しているとストレスが溜まってしまいます。

このストレス発散を兼ねて、1日1回食べたいものを食べてみましょう。期間は3日間だけ。

好きなものを食べることによりストレスを発散させて体には「飢餓状態ではないよ~」と認識させます。

どうしてもダイエット中に食べることが不安になっている人は好きなものを食べる時間を夕食以外の時間にしてみましょう。

それだけでも、ストレス解消にも役立ちますよ。

\特別な運動はムリ!そんな人には↓↓↓/
ブラックジンジャーなら脂肪を消費しやすいカラダへ

運動で停滞期を早く終わらせる方法!

運動をしていたら停滞期なんてないよ~なんてことありません。

食事と運動を併用されている方にも停滞期はやってきます。

そんな時はいろいろな運動を取り入れてみましょう。

筋トレをしていたら内容を変えてみる

普段から筋トレ等の運動をされている方はトレーニング内容を変えてみるのもおすすめ。

同じトレーニングだと体が慣れてしまって効果がうすれてしまうことも。

激しいトレーニングに変えるのではなくいろいろな筋トレを組み合わせることで脂肪燃焼を促進させましょう。

有酸素運動

食事制限でダイエットしている方は有酸素運動を行うことで強制的に消費カロリーを増やしてみましょう。

そうすることで停滞期を抜け出すきっかけにもなります。

タイミングは筋トレ後か朝起きてすぐの脂肪が燃焼しやすい時間帯が効果的。

30分ぐらいウォーキングで汗を流してみましょう。

停滞期が終わらなくて不安な時のおすすめアイテム!

  • 食事制限もやった
  • 運動もしている

でも・・・

こんなあなたにピッタリなのがブラックジンジャー

ブラックジンジャーは、

  • 日常生活レベルの運動で脂肪を消費しやすくし消費率アップが期待できる。
  • 普段の買い物や通勤、移動でもOK!
  • 代謝を高める作用があることが確認されている。

このような日常生活における軽い運動でもダイエットをサポートしてくれます。

運動はしなくて良いの?

ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボンが,

・内臓脂肪
・お腹の脂肪
・皮下脂肪

ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボンのお腹の脂肪を減らす力は特にBMIが高めな方に適した成分と言えます。(※BMI24~30未満の方にイメージ)

ブラックジンジャーは脂肪を消費しやすくする科学的根拠は、

  1. 腹部全脂肪の低下
  2. 内臓脂肪の低下
  3. 皮下脂肪の低下

脂肪を消費しやすいカラダへサポートします。

ブラックジンジャーは1日1粒でOK

Hブラックジンジャーは1日1粒、飲む時間はいつでもOK!

続けることが大切なので、「朝食後に飲む」等、続けやすい時間を選ぶと良いですよ^^

ブラックジンジャーの詳細はこちらからどうぞ

まとめ

停滞期を早く終わらせる方法として、

  • 食事を変える
  • 運動を変える

今回ご紹介した方法は一度にすべてチャレンジするのではなく、2種類程度実行して体重の変化等を記録しご自分にとってどのような解決方法が一番合っているのかを考えると次の停滞期に役に立ちます。

でも、どうしても停滞期が不安な方はサプリメントを取り入れるのもアリ!

日常生活での軽い動きや仕事中の動き等をブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボンが脂肪を消費しやすいカラダへサポート!

と言うことはブラックジンジャーは適切な食事や適度な運動を行っているのに、基礎代謝が下がってきていて痩せにくい方にピッタリなサプリメントと言うことですね♪

1日1粒、いつ飲んでも良いので続けやすいのが嬉しいです。

ブラックジンジャーの詳細はこちらからどうぞ♪

タイトルとURLをコピーしました