チャコールコーヒーの5つデメリットを解消するために出来ること

チャコールコーヒーのデメリットをピックアップしてみると5つほどあります。

  • 食事と置き換えることによるデメリットが3つ。
  • チャコールコーヒー自体の味や機能によるデメリットが2つ。

この5つのデメリットを同時に解消するのは少し難易度があがります。

チャコールコーヒーでダイエットをしてみたいと思っている方必見!

この記事を読むとチャコールコーヒーのデメリットの解消方法がわかります。

チャコールコーヒーのデメリット~食事と置き換える

チャコールコーヒーのデメリットのうち、3つは食事を置き換えることで生じてくるデメリットです。

  • 栄養バランスの乱れ
  • 空腹感
  • カフェインの摂り過ぎ

これらは一つ一つ注意することで防ぐことができます。

デメリットの中で一番怖いのが「痩せないから」と食事を置き換えること

チャコールコーヒーのデメリットで一番怖いのが食事を1食、まるまる置き換えてしまうことです。

痩せないからと無理に食事を置き換えてしまうと栄養のバランスが崩れてしまいます。なぜならば、一般的なチャコールコーヒーには1食分の栄養が含まれていないからです。

チャコールコーヒーはいろいろなメーカーから商品が出ているのですべてに当てはまることではありません。

しかし、多くのチャコールコーヒーにおいて1食分の栄養を網羅している商品は見たことがありません。

確かに1食まるまる置き換えるとその分のカロリーが削減できるので、痩せることは可能です。

しかし、長期に渡ってチャコールコーヒーと食事を置き換えると体に無理な負担をかけることになります。

と、言うことは「完全に食事と置き換えるのは止める」。

このことにより、栄養のバランスの乱れは回避することができデメリットは解消することができます。

食事と置き換えると空腹感がつらい

ほとんどのチャコールコーヒーには空腹感をやわらげる成分が入っていない場合が多いです。

そのため、チャコールコーヒーでダイエットすると空腹感がつらいと言う方が多くいらっしゃいます。

ですので、チャコールコーヒーを食事と置き換える時は「朝食」を勧められることが多いのですが、朝食はそもそも摂取カロリーが少ない場合が多く、置き換えても効果が見えづらいんです。

また、朝食を食べない、もしくはコーヒー飲みの方にとっては効果が実感しにくいと言えます。

空腹感を防ぐには、チャコールコーヒー+○○と言うように、何かを足すことで空腹感をごまかすのが最適です。

カロリーが低くてお腹の膨れるもの…

例えば、こんにゃくゼリー等を組み合わせてみましょう。

そうすることで、空腹感を低減させることができます。

食事と置き換えるとよるカフェインの摂りすぎ

チャコールコーヒーでダイエットをする時は食事と置き換えることを提唱される場合が多いのですが、1日3杯程度チャコールコーヒーを飲むとカフェインの摂りすぎの心配が出てきます。

しかし、カフェインの量はチャコールコーヒーによって違うので一言ではいえません。

ただ、カフェインの量が気になる方は

  • 寝る前に飲むことを控える
  • 飲む量を減らす

等、調整をする必要が出てきます。

調整することでカフェインの量は減らすことは可能ですが、チャコールコーヒーの効果がどれだけ実感できるのかは微妙になってしまいます。

痩せない・美味しくないというデメリット

チャコールコーヒーの口コミをみていると、

  • チャコールコーヒーを飲んでいても痩せない。
  • 美味しくない。

とのデメリットが書かれている口コミをちらほら見かけます。

そのデメリットはどれだけ「我慢」できるのか?

に、かかっています。

チャコールコーヒーだけでは痩せない

チャコールコーヒーは脂肪を排出する成分は入っていないものが多いので、チャコールコーヒーだけで痩せようとするには無理があります。

しかし、食事と置き換えることでダイエットをサポートすることは可能です。

可能なことは可能なのですが・・・

かなり、「我慢」が必要になってきます。

チャコールコーヒーを食事と置き換えることで摂取カロリーを減らすことができます。

しかし、チャコールコーヒーには脂肪を排出する等、ダイエット成分が入っている製品は極めて少ないと言えます。

ですので食事との置き換えを続けていると結局、栄養不足になったり空腹に我慢ができずにドカ食い等してしまう・・・

悪循環におちいってしまいます。

しっかり、適度に「我慢」をすることができる人には、理屈的にはチャコールコーヒーで痩せることはできます。

コーヒーなのにコーヒーに感じない

チャコールコーヒーが

  • コーヒーと言う名前なのにコーヒーの感じがしない。
  • 飲んでいてザラつく。

このような評価をされることもしばしば。

これは、チャコール=炭の風味がコーヒーよりも強く出てしまうことが原因です。

多くのチャコールコーヒーのデメリットとして取り上げられています。

これについては、

コーヒーと名前がついているけど、コーヒーとは別物として飲む

もしくはミルクや甘味料等加えて、コーヒーっぽくするぐらいしか対処方法がありません。

このような方は、あえてチャコールコーヒーにこだわるのではなく同じ炭を使った別の製品を選んでみてはいかがでしょうか。

例えば、グレープ味で美味しくて食べやすいブラックビューティー

活性炭ダイエットゼリーなのですが、チャコールコーヒーでデメリットとされていたザラザラがメリットとして生かされています。

おなじチャコールだけどチャコールコーヒーとの違い

チャコールコーヒーとの大きな違いは、

食べる形状

ブラックビューティ―はゼリー状になっていますのでいつでも”ちゅるっ”と食べることができます。

チャコールコーヒーだとカップを出したお湯を沸かしたり等の手間がかかりますが、ブラックビューティ―にはその手間がかかりません。

食べたい時にすぐに食べることができます。

食べるタイミングの違い

チャコールコーヒーは食事と置き換えることでダイエットが可能になります。

ブラックビューティ―は、

  • ランチの時に
  • スイーツを種る時に
  • 油っぽい食事の時に

食前に食べるだけ。

スティックタイプゼリーだから外食が多い方にも持ち運びが便利で◎。

コラーゲンや美容成分+炭の効果も期待できます。

チャコールコーヒーだと外食時に飲みにくいというデメリットもありますが、ブラックビューティ―ならいつでもどこでも”ちゅるっ”と食べることができますよ。

置き換えなくて良いの?

ブラックビューティ―は食事と完全置き換えは特に推奨されていません。

ただ、主食と置き換えることで満足感を残したままカロリーカットを目指します。

ですので、チャコールコーヒーで完全置き換えをする方が体重が減る可能性は高いです。

しかしブラックビューティ―の場合、

  • 主食と置き換える
  • 食前に食べる

これらのことでカロリーを減らし、徐々に体重を減らしていくことを推奨していますので、即効性を求める方にはおすすめできません。

ブラックビューティ―の場合、1本9.7Kcalと置き換えに使われるダイエット食品と比べると低カロリー。

だから、ブラックビューティ―と食事を置き換えると・・・

と、考えてしまいがちですが、これはNG!

ダイエットをする場合、早く効果を感じることばかり考えてしまいがちですが、体を壊してはなんにもなりません。

コラーゲンやヒアルロン酸、ガラクトオリゴ糖等が含まれたブラックビューティ―ならじっくりキレイに簡単ダイエットをサポートできますよ。

\簡単ダイエット・ブラックビューティ―の詳細は↓↓↓/
ブラックビューティ―の公式サイトはこちら

まとめ

チャコールコーヒーのデメリットは

  • 飲み方

これらは一つ一つ注意することで解決することができます。

しかし、

  • 痩せない
  • 美味しくない

このようなデメリットに関しては少し解消しにくい部分があります。

なぜならば、痩せないのも美味しくないのも「我慢」が必要だから。

  • 痩せるために、空腹を我慢する
  • 美味しくないのに我慢して飲む

我慢ばかりしていると体も心も疲れてしまいます。

ちょっと我慢を少なくするダイエットサポートをしてみませんか?

\お手軽にどこでも食べれるのが良い!/
ブラックビューティ―の公式サイトはこちら♪

タイトルとURLをコピーしました