カゴメ グリーンスムージーで太るのは糖質が原因!ダイエット効果を発揮する飲み方

カゴメ グリーンスムージー ダイエット

カゴメ グリーンスムージーは糖質が原因で太ることがあります。

ダイエットに使われることも多い、カゴメ グリーンスムージーですが実は思ったよりも糖質が多く含まれているからです。

しかし、上手に食生活に取り入れることでダイエットの強い味方になる可能性もアリ!!

この記事を読むとカゴメ グリーンスムージーで太る原因やダイエットで効果を得る飲み方がわかります。

カゴメ グリーンスムージーってコレ!

カゴメ グリーンスムージーで太る原因

カゴメ グリーンスムージーをダイエット効果を期待して飲む場合、糖質の多さが気になります。その糖質が太る原因だったんです。

その上、思ったよりも栄養が採れない現象も出ています。

カゴメ グリーンスムージーの栄養成分表を見てみましょう。

糖質や炭水化物が多い

カゴメ グリーンスムージーはカロリーも突出して低いとは言えず、糖質や炭水化物が多い…これがダイエット効果を低くして太ってしまう原因になっています。

カゴメ グリーンスムージーとコーラを比べてみるとわかりますが、糖質、カロリーとも、ほとんど同じです。

<カゴメ グリーンスムージーの成分>

栄養成分
【330ml当たり】

エネルギー:136kcal、 たんぱく質:0.9g、 脂質:0g、 炭水化物:34.7g、 糖質:31.5g、糖類:27.8g、食物繊維:2.1~4.3g、食塩相当量:0.01~0.6g、カリウム:280~830mg、カルシウム:7~77mg、ビタミンC:100~300mg、ビタミンK:0~2μg、葉酸:0~19μg

出典:カゴメ公式サイト

<コーラの成分>

コーラのカロリーは100g(100ml)で46kcalのカロリー。コーラは100g換算で46kcalのカロリーで、80kcalあたりのグラム目安量は173.91g。炭水化物が多く11.4g、たんぱく質が0.1g、脂質が0gとなっており、ビタミン・ミネラルではリンとマグネシウムの成分が高い。糖質の量は11.4g。

出典:カロリーSlism

コーラのカロリーと糖質をカゴメ グリーンスムージーと100gあたりで換算すると、ほぼ同じくらいになります。

では、他の栄養成分はどうでしょうか。

タンパク質が少ない

糖質以外の栄養成分はコーラに比べてカゴメ グリーンスムージーの方が多く含まれているものの、ダイエットに有用なたんぱく質の量が少ないことが、カゴメ グリーンスムージーでダイエットできずに太る原因とも言えます。

ダイエット効果を上げるには

カゴメ グリーンスムージーでダイエットをするのならば、少し工夫が必要です。

いろいろな方法をご紹介しますね。

置き換えダイエットする場合

一日の食事のなかで一食だけカゴメ グリーンスムージーに置き換えたり、おやつをやめてカゴメ グリーンスムージーにする、週末だけ食事の代わりにカゴメ グリーンスムージーだけで過ごす等の方法があります。

食事を置き換える方法は手軽にはじめられるメリットがある反面、長期間のダイエットには向きません。

また、メンタル面でもダイエットが続きにくいデメリットがあります。

簡単な方法ならおやつと置き換えよう

短期集中型のダイエットではありませんが、続けやすいくておすすめの方法としておやつをカゴメ グリーンスムージーに置き換える方法があります。

この方法では、一日3食、いつも通りに食べます。おやつやデザートだけをカゴメ グリーンスムージーに置き換えるだけ。

栄養も普段の食事で採ることが出きるのでおすすめなのですが、もし、あなたがおやつを食べていない場合は、効果の無いダイエットになってしまいます。

おやつを食べない場合はカゴメ グリーンスムージーの分、カロリーが上乗せになってしまうので逆効果になるので気を付けて!

おすすめの方法

朝・昼・晩としっかり食事を摂ると同時に、カゴメ グリーンスムージーで食事の量を減らす方法です。

気を付けるところは、食事でたんぱく質を多く摂りましょう。

スムージー単体では、含まれるビタミンが効率よく働いてはくれないので、食事でたんぱく質や植物繊維を補うことが大切です。そうすることで、ムダに食べてしまうことを防ぐことが出来ます。

カゴメ グリーンスムージーを飲むタイミングとしては、栄養的に考えると食後がおすすめ。
食事の量を減らしたいのなら食前に飲むようにしましょう。カゴメ グリーンスムージーを飲むことによって満足感が出てくるので、自然と食事の量を減らすことができます。

カゴメ グリーンスムージーに限りませんが、痩せる速さには個人差があります。また、急激に痩せると体や精神面で支障をきたす場合があるので1~6ヶ月を目安に続けてみましょう。

それでも結果が出にくい場合は、基礎代謝を上げるような運動を取り入れてみるのも大切ですよ。

カゴメのいろいろなグリーンスムージーはココをクリック

カゴメ グリーンスムージーでダイエットできない方へ

カゴメ グリーンスムージーは手軽の飲むことができて美味しいし、いろいろな栄養を摂ることが出来るので、ダイエットに良さそう・・・

でも実際は糖質や炭水化物が多くて結局、飲み過ぎると太ってしまう、メインでダイエットするというよりもダイエット時の栄養補給という役割になってしまいます。

美味しくて手軽に飲めてダイエットしたいのなら、低糖質、高タンパクな飲み物がオススメ!

スイーツ好きだけどダイエットしたい人に、Bee up Style(ビーアップスタイル)

美味しいチョコ味で簡単に作れて、ダイエットに良いのはBee up Style(ビーアップスタイル)がおすすめ。

おすすめの理由は、カゴメ グリーンスムージーと同じようにいろいろな栄養素が入っていて簡単に飲むことができます。

しかし、カゴメ グリーンスムージーにない、低糖質・高タンパク、低カロリーなところ。

また、女性の置き換えダイエットに着目した、3つのプロテインを配合されているのも魅力的。

  • ホエイ(乳)
  • ソイ(豆)
  • ライス(雑穀)

その上、4大美容成分である、

  1. プラセンタ
  2. コラーゲン
  3. イソフラボン
  4. ケラチン

これらが含まれています。

美味しく飲んで手軽に健康的にダイエットしたいのなら、Bee up Style(ビーアップスタイル)をチェックしてみてくださいね。

カロリーも1食75㎉と少ないのが特徴です。

\3つのプロテイン・4大美容成分配合/
Bee up Style(ビーアップスタイル)の詳細はこちら

まとめ

カゴメ グリーンスムージーで太る原因は、糖質や炭水化物が多いから飲み過ぎると太ります。また、カロリーもコーラと同じくらいですので、本気でダイエットしたい方には無理があります。

体重のキープが目的なら、

  • おやつと置き換える
  • カゴメ グリーンスムージーで食事の量を減らしながらタンパク質を補う

このような方法があります。

しかし、Bee up Style(ビーアップスタイル)なら、わざわざタンパク質を補う必要もなく、置き換えダイエットをすることができます。

女性の置き換えダイエットに着目した、3つのプロテイン・4大美容成分を配合!

美味しさや手軽さだけでない、本気のダイエットをはじめよう。

\臨床試験実証済み/
Bee up Style(ビーアップスタイル)の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました