ベースパスタで痩せた!痩せる食べ方のポイントはたんぱく質の量にあった!

ベースパスタって一食で1日の1/3の栄養が採れる完全食品。ベースパスタで痩せた人も!!
一日、ベースパスタで過ごして痩せた人がYouTubeで公開していたりと大人気!!

これって、食べ方によってはダイエットだけではなく健康にも良いんです。

そんなベースの効果的な食べ方について見ていきましょう。

ベースパスタで痩せた人の食べ方は簡単だった!

ベースパスタで痩せた人の食べ方として大きく分けて二つあります。

まず、推奨されているのが、ベースパスタの製造元の「ベースフード」が提案する完全食(パーフェクトフード)を1か月の食事のうち20食置き換え!!糖質やカロリーを抑えながらかつ栄養バランスの取れた食事をすることで、健康的にバランスの良いボディを目指すというもの。

次に推奨はされてはいませんが、意外と即効性がありそうな、「三食全てベースパスタ」これは、ゆうちゃんさんがYouTubeで紹介されている食べ方です。

YouTubeでは三食、ベースパスタと特性ソースを食べて1日で1.6Kg痩せたとおっしゃっています。

三食全てベースパスタで痩せる根拠はたんぱく質にアリ

三食全てベースパスタにするとなぜ痩せるのか??
それは、たんぱく質の量がポイントになります。
ベースパスタはたんぱく質の量が約30gで糖質は一般的なパスタに比べる約40%OFFと高たんぱく低糖質を実現させています。

低糖質で高たんぱくな食品はダイエット食品としては優秀ですよね。筋肉を作るビルダーさん達にも愛用されているほどです。

1日1食分の主食をベースパスタに置き換えるだけで良いのもお手軽で続けやすいですよね。

でも、意外とカロリーはあります。1食分のカロリーは394㎉(アジアンの場合)。しかし、糖質が少ないので問題ありません。

ただ、「ダイエットはカロリーがすべて」と考えておられるカロリー主義の方だと理解しづらいかもしれません。

低糖質ダイエットにおいては、カロリーよりも糖質の量が重要になってきます。
ですので、カロリーがある程度あっても糖質が控えめなベースパスタなら痩せることが出きると言うわけなんです。

1日三食でダイエットしてみたら意外と痩せるよ

YouTubeで1日三食、ベースパスタで1.6Kg痩せたとあったのですが、本当にこの食べ方で痩せるのでしょうか?

理論上では、三食で約1200㎉。特製ソースをボロネーゼとしたら一食160㎉で三食480キロ。
合計したら約1680㎉となります。
カロリーだけで考えるとそんなに低カロリーというわけではありませんが、ベースパスタは高たんぱく低糖質なので、カロリーはあまり気にしなくてOK。

その事を考えると、1.6Kg痩せたと言うのが妥当な数字かどうかは微妙ではありますが、痩せる可能性はかなり高くなります。

ただ、どのようなダイエットでも言えることですが、水分ははしっかり採る必要があります。
経験上、水分は思ったよりも体重に反映します。その事から、恐らく1.6Kg痩せたゆうちゃんさんは水分を制限されていたのでは?
しかし、1日でみんながみんな、1.6Kg痩せることはないかも知れませんが、ベースパスタを1日三食食べることでかなりのハイペースで痩せることは可能!!
ベースパスタは完全食品なので極端な話、ベースパスタだけ食べていても大丈夫。

1日で1.6Kg痩せなくてもしっかり水分を採りながらベースパスタだけでのダイエットも可能でしょう。
しかし、長期間、ベースパスタだけのダイエットは避けて下さいね。
やはり、いろいろ食べることが大切ですから。

ネットで公表されている食べ方お多くは主食に置き換える!

「1か月の食事のうち20食置き換える」食べ方が推奨されていますが、ネットで多いのが「主食をベースパスタに置き換える」

主食をベースパスタに置き換えると言っても、米飯をベースパスタにして、主菜、副菜が2つ、汁物と言った食べ方ではなく、ベースパスタをメインにソースを具沢山にアレンジして食べるといった食べ方が主流です。

この食べ方だと、具材によっては糖質をあまり増やすことなく簡単に調理することができるんですよね。

1食分に約30gのたんぱく質や26種のビタミン&ミネラル、約7gの食物繊維などが含まれているのは魅力的!これを自炊しようと思ったら…思っただけでやめてしまいます^^;

また姉妹品の「ベースブレッド」だと具沢山のサンドイッチの場合が多い。
間食や夜食が多い方には簡単に低糖質の食事を作ることが出来て良いですね♪

その上、糖質は40%以上OFF!糖質が控えめなので、食後に眠くならない可能性も!!個人差はありますが、ベースブレッドやベースパスタは糖質を抑えているので、血糖値の上昇がゆるやかになることを期待できます。

毎食、食べなくても1日1食でコンディションを改善していくきっかけになるのも嬉しいですね。

美味しい食べ方は茹で時間を守れば茹で方は簡単!

ベースパスタを美味しく食べるのなら茹で時間がポイント!
茹で時間は細い方のアジアンが1分、フェットチーネと呼ばれている平麺の方が2分と短時間で茹で上がるので茹で過ぎないようにしてね。あっという間に茹で上がってしまいます。
茹でるのが早いのも忙しい方には嬉しいところ。沸騰したお湯で作ってくださいね♪

ご注意
フェットチーネとアジアンとではカロリーや栄養素が若干違っています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

めんつゆはアレンジ次第で使えるよ~

ベースパスタを美味しく食べるにはソースがポイント!めんつゆを使ったソースはアジアンにぴったり!

アジアンは細めに作られているのでさらっとしたあっさり系のソースが合います。

  • めんつゆにごま油を加えて中華風にしてもOK!
  • めんつゆにマヨネーズを混ぜたソースも良いですね^^

もし、ベースパスタの香りが気になるようでしたら、めんつゆにガーリックパウダーを入れてひと煮立ちさせ、ごま油を入れたソースだとベースパスタの香りも気になりにくいですよ。

また、ネギをごま油で熱した「ネギ油」を少量、めんつゆに加えると香ばしさUP!

ベースパスタだけでも十分栄養も確保され腹持ちも良いようですが、個人的には具だくさんのパスタで食べる方がより無理なく継続しやすいですよ~♪

特性ソースならもっと簡単♪お弁当にも良いよ

ベースパスタとともに販売されている特製ソース。これは温めるだけでいいので時間のない一人暮らしの方等に重宝されています。

また、味がしっかり目についているのでベースパスタをお弁当にする時に使ってもOK!

  • 合成着色料、合成保存料、合成香料不使用
  • ボロネーゼとと台湾まぜそばの2種類!

もう少し味のバリエーションがあれば嬉しいのですが、普段は自炊で具がいっぱいのパスタ、忙しい時は特性ソースとライフスタイルに合わせて食べるというのも良いですね♪

タイトルとURLをコピーしました