キレートレモンは寝る前に飲むとダイエット効果が期待できない!デメリットで太る可能性あり!

キレートレモン ダイエット

キレートレモンって美味しく簡単にクエン酸が採れると評判の清涼飲料水。

ダイエットに使う人もいるようなのですが、実は寝る前に飲むとダイエットにならない可能性が多いんです。それって、太るっていうこと!

この記事を読めば、キレートレモンを寝る前に飲むとなぜ太るのか?ダイエットで使うにはどうしたら良いのか?生活の中にキレートレモンを摂り入れたダイエット方法がわかります。

キレートレモンは寝る前に飲むとダイエットにならない理由

キレートレモンには一般的な清涼飲料水には入っていないビタミンCやクエン酸、レモン1個分の果汁が含まれています。しかし、ダイエットに効果があるかと言われると微妙な量なんです。

清涼飲料水なので糖質が多く、カロリーも高めだから

キレートレモンを寝る前に飲んだり、毎日飲むとカロリーの摂り過ぎになり太る、と言うことになります。クエン酸入りのビタミンジュースを飲んでいるようものです。

昔、「クエン酸ダイエット」と言うのが流行りましたが、クエン酸自体に痩せる成分は含まれていませんので、根拠が不明なダイエットの一つなんです。

キレートレモンでダイエットするって、そのレベルのダイエット。だから、普通に飲んでいるだけではダイエットできるはずはありません。

飲み過ぎには注意!

普段の生活でキレートレモンを飲むとしたら、1日1~2本までが妥当なところだと思います。キレートレモンのカロリーは100mlあたり68㎉。コーラだと100mlあたり45.9㎉。

極端な言い方ですが、喉が渇いて飲むのならキレートレモンよりもコーラの方がマシと言えるかも。キレートレモンの特徴は普通の清涼飲料水には含まれていないビタミン類等が含まれていることなので、そのビタミン類が必要か、必要でないのかを考えて飲む量を考えるのも方法です。

とにかく、カロリーが高めなので飲み過ぎると太ります。

では、キレートレモンで痩せることは出来ないのでしょうか?

キレートレモンの太らない飲み方

キレートレモンを飲んで痩せようとするとコツがいります。

寝る前に飲んだり毎日飲むだけだと逆に太ってしまいます。それは、単にカロリーを摂取し過ぎているから。キレートレモンを飲むことで食欲を抑え、カロリーの過剰摂取をしないようにコントロールすることを考えましょう。

基本的な飲む時間帯、タイミングは期待する働きで変わる

キレートレモンを飲む時間やタイミングはキレートレモンで何を期待するか?によって変わってきます。

たとえば、

  • ダイエット
  • 疲れの改善

によっても飲む時間帯やタイミングは変わってきます。

疲れの改善なら寝る前がオススメ

キレートレモンの主成分はクエン酸。クエン酸には、疲れを取る作用があります。キレートレモンの口コミに、寝る前に飲むと疲れが取れると言うのもあります。
疲れにはクエン酸が良い~とのことでキレートレモンクエン酸2700ゼリーが発売されています。

継続的な飲用で日常生活や運動後の疲労感を軽減するクエン酸(機能性関与成分)が2700mg入った「機能性表示食品のレモンゼリー」です。レモンの酸味でリフレッシュでき、忙しくても前向きに活動したい女性の毎日を応援します。

出典:pokka sapporo

「寝る前に飲むと朝、起きたときの疲れ方が違う」という口コミもあるぐらいです。

ですので、疲れの改善を狙うのなら寝る前に飲むようにしましょう。

ダイエットの効果を期待する場合は食前

ダイエットの効果を期待する場合は食前がオススメ。

食前にキレートレモンのようなレモン果汁を飲むことで、食後の血糖値が抑制される効果があるようです。食後高血糖の抑制により、糖化ストレス(血糖値上昇による障害)を低減することが期待できるとのことです。

ダイエットの効果を期待するのなら、寝る前に飲むのではなく食前に飲むようにしましょう。

より確実にダイエットをしたい方へ

キレートレモンを寝る前に飲んでダイエットできないのはキレートレモンは高カロリー、高糖質だから。ですので寝る前に飲むと当然、太ります。

それに寝る前ってどうしてもお腹がすいてしまい、喉が渇いていないのに飲んでしまうのも原因の一つです。

寝る前に飲んでダイエットしたいのなら、低カロリー、空腹を紛らわせることができれるような飲み物がオススメと言えます。

就寝前に飲んでダイエットをしたいならhgmi(はぐみい)

寝る前に飲んでダイエットしたいのならhgmi(はぐみい)がオススメ。

キレートレモンと同じように柑橘系の酸味が好きな方におすすめの「朝摘みオレンジ味」と、みずみずしい「シャインマスカット味」の2種類あって美味しい上に体調を整えてくれて、低カロリー、低糖質な飲み物にhgmi(はぐみい)があります。

オススメの理由はhgmi(はぐみい)は低カロリー、低糖質だけではなく高配合の食物繊維がお腹の満足を感じさせてくれます。だから寝る前の小腹が減った状態で飲むと空腹を感じなくなる!だから寝る前飲んでも大丈夫なんです。

hgmi(はぐみい)を寝る前に飲むときの方法

hgmi(はぐみい)を寝る前に飲むときは喉の渇きに応じて水分を調整しましょう。喉の渇きがある時は水分多めでジュース状にして飲むことができます。

またおやつや食事と置き換える時は水分を少ない目にしてゼリー状やジュレ状で♪

hgmi(はぐみい)のカロリーは12㎉。だからあまり気にしなくて良いのが嬉しいです。

寝る前にhgmi(はぐみい)を飲んでダイエットするには夕食を少なめに食べるようにするのがポイント。そうすることで、寝る前にhgmi(はぐみい)を飲んでも総摂取カロリーの増えるのを防ぐことができます。

キレートレモンを寝る前に飲んでダイエットしたい人は一度、hgmi(はぐみい)をチェックしてみてくださいね。キレートレモンよりも低カロリー、低糖質、置き換えダイエット用だから寝る前に少し飲むだけで空腹が癒されますよ。

hgmi(はぐみい)の詳細はこちら

まとめ

キレートレモンは寝る前や毎日飲むのではなく、飲むタイミングによっては少しなら痩せることも可能かも知れません。でも、基本的にはキレートレモンで痩せるのは無理があります。

そこでしっかり痩せたいのなら、置き換えダイエット用のアイテムを使うのがオススメ!

hgmi(はぐみい)で手軽にできる置き換えダイエットをはじめよう♪

キレートレモンに負けない、さっぱりとしたジュレ系砂糖不使用のドリンクだから、これからの季節でも飲みやすい♪

寝る前に飲んでダイエットできるのはコレ!
hgmi(はぐみい)の詳細はこちらからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました